アトピー性皮膚炎 of あったか堂鍼灸院 ~姫路・往診・筋膜性疼痛症候群(MPS) ・トリガーポイント・美容鍼・小児鍼・吸い玉・整体~

姫路市にある往診治療専門の鍼灸院 「あったか堂」へようこそ。 鍼灸は、痛、こり、内臓疾患、自律神経失調症、そして美容にも効果があります。

透明10×10.png透明10×10.png透明10×10.png透明10×10.png透明10×10.png

幼稚園児と小学生の3割アトピー

幼稚園児と小学生の3割アトピー、10年前の2倍 韓国

韓国では、幼稚園児と小学生でアトピー性皮膚炎にかかっているこどもが約3割にものぼることがわかった。教育人的資源省の調査によると、患者は10年間でほぼ2倍に増えた。新しい家や都市に住む園児・児童の割合が高く、化学物質との関連が指摘されている。

同省が延世大学の研究室に委託。06年8月から1年間かけ、全国の幼稚園と小学校535カ所を調べた。アトピー性皮膚炎は全体の29.5%。95年調査の16.3%から、2倍近くに増えた。特に幼稚園では、43.2%と半数近い数字だ。公団に住む児童幼児が33%と全体の平均より高く、農村地域は21.5%で一番低かった。

新しい家に住んだ経験のある園児・児童の33.8%がかかっていた。一部の学校施設で、ホルムアルデヒドなど化学物質の濃度を調べたところ、基準値をほとんど下回り、「学校の室内環境は憂慮する水準ではない」と結論づけている。 

ただ、「大都市などの環境や、化学物質が露出した新居などとの関連はある」と説明。子どもの生活パターンを把握し、積極的に管理することの必要性を訴えた。同省は今年中に調査結果を政策に反映させる。 

日本の場合、文部科学省が04年に全国の公立小中高に通うこどもを対象に実施した調査で、5.5%がアトピー性皮膚炎にかかっていた。

2007年08月18日13時31分


幼稚園児と小学生の3割がアトピーなんて異常だと思いませんか?

お隣の北朝鮮の同年代の子供達のアトピーの患者さんはどれほどなのでしょう。データは出ていませんが、おそらく皆無に等しいのではないかと考えています。何故なら、いろんな意味で環境があまりにも違うからです。人民が置かれている環境(精神面)、食環境などなど、自律神経系に与える影響は絶大です。

北朝鮮の人達は、各種報道から察すると、『抑圧』、『不安』、『緊張』 など交感神経が高ぶる生活を強いられています。これに対し、韓国の人達は今や日本と並び、生活が非常に豊かになり、ある意味リラックスし過ぎの環境にあると思われます。

このリラックスし過ぎの状態は副交感神経が高ぶった状態であり、結果としてアレルギー症状がでやすくなるのです。特に体が成熟していない子供達にとって、生活習慣、特に食習慣が及ぼす影響は計り知れません。
s-j0343293.jpg
皮膚科に行くと、アトピーの原因は、卵、大豆、小麦、牛乳、ダニ、ハウスダストなど、アレルゲン(身体に異常な反応を起こさせる物質のこと)が原因と言われます。でもそれらはあくまでもアレルギーの “誘因” であって、“原因” ではないのです!

ここを間違って解釈している人は、真の意味での脱アトピーは有り得ません。 では、どうすればいいのでしょう?

▲ ページトップへ 透明10×10.png

ある皮膚科の看護婦さんの話

ある皮膚科の看護婦さんの話

s-s-kangofusan.jpg『私の子供もアトピーなんですけど、病院の薬(塗り薬)は使っていません。理由は、薬を使っても治らない患者さんを毎日見ているからです。』

これは、現在のアトピー治療の実態を象徴する言葉だと思います。

アレルギー疾患(アトピー、喘息など)は、現代医学ではなかなか治癒するのが難しい症状と言われています。だからといって薬に頼ってしまうのは如何なものでしょう。

アレルギー症状は病気ではありません!

自律神経の副交感神経が高ぶっているだけなのです。

副交感神経は、外敵(ウイルス、細菌など)から身を守ってくれる神経です。この神経が高ぶり過ぎているということは、それだけ体を防衛する力が高いということになり、あまり大きな病気にはなりにくいと言えます。しかし、防衛力が過剰になり過ぎると、自覚症状としては何とも言えない症状となるのです。

     ◆ アトピー性皮膚炎 ⇒ 皮膚の防衛力過剰! ⇒ 痒み

     ◆ 喘息 ⇒ 呼吸器の防衛力過剰! ⇒ 咳

     ◆ 過敏性腸症候群 ⇒ 胃腸の防衛力過剰! ⇒ 下痢

副交感神経が高ぶり過ぎて症状が出ているわけですから、症状を抑えるには、副交感神経を高ぶらせない、そして、逆の神経である交感神経を高ぶらせることが出来れば、自然と症状は無くなっていきます。

では、どうすれば良いのか? それは、日々の生活習慣を改善すればいいんです。

▲ ページトップへ 透明10×10.png

原因は何か?

原因は何か?

副交感神経は、『リラックスの神経』 とも呼ばれ、夜寝ている間に、食べた物を消化・吸収する時に働く神経です。また、『排泄・分泌の神経』 でもあり、体から悪いものを出す神経でもあります。

通常、自律神経のバランスは、歳を重ねる毎に副交感神経優位から交感神経優位になると言われています。すなわち、成長期の子供達は副交感神経↑ 、お年寄りは交感神経↑ というのが一般的な姿です。子供にアレルギー症状が多いのもそのためなんです。

しかし、大人になっても副交感神経の高ぶりが続いている方や、生まれつき副交感神経が強く働きやすい体質の方は、ほんの些細な “キッカケ” でアレルギー症状が出てしまうことがあります。『今まで花粉症なんで経験したことがなかったのに、急に症状が出始めたんです』というような患者さんがこれにあたります。

アレルギー症状を改善するには、人間本来の生活に戻ることが大事です。 野生の動物にアレルギー症状はありません。ペットの花粉症やアトピーは人間のエゴが作り出した産物といって良いでしょう。

人間も動物です。下記の項目を改善することで、症状は回復していきます。

① 汗が出るような運動をする ⇒ 体を動かすことで交感神経を高ぶらせます!

② 太陽光線を浴びる ⇒ 夏、真っ黒に焼けた子供にアレルギーありますか?

③ 食べ過ぎない ⇒ 食べ過ぎは副交感神経を高ぶらせ、症状を悪化させる!

④ 早寝早起き ⇒ 朝は交感神経が高ぶる時間帯!。早起きして神経に“喝”!


はり灸でも高ぶった副交感神経を抑えることができます。しかし、アレルギーは上記のような生活習慣が原因で起こっている場合がほとんどなので、患者さんにその旨を説明し、改善して頂くよう指導しています。

次回からは、アレルギーの “誘因” について具体的に解説していきます。

▲ ページトップへ 透明10×10.png

原因が判ったら・・・

原因が判ったら・・・

原因が判ったら対処方法も決まってきます。そうです、前回記事の項目を実行することで原因へのアプローチが可能となるのです。お金はいりません!少食にする分、節約できて一石二鳥です。

薬や怪しげな健康食品に頼っているようでは、治るものも治りません!(薬の問題については別途記事にする予定です)

症状の軽い人はこれだけで良くなっていくのですが、なかなか改善が見られない人もいます。それは、アレルギーを引き起こす “誘因” を除去できていないからです。

ここで、

◆ アレルギーの原因 ⇒ 副交感神経の異常興奮

◆ アレルギーの誘因 ⇒ 副交感神経の異常興奮を誘い出す刺激となるもの


アレルギーは自律神経のアンバランスに原因があります。ですから、体内に入ってくるいろいろな物や、その人が置かれている環境に “誘因” を探し出すことができます。

① 口に入って甘いと感じるもの

② 油脂食品(肉類、脂の多い魚、酸化した油)

③ 調味料(砂糖、塩、醤油、油など)

④ 少食にし、間食しない(空腹の時にだけ食べる)。

⑤ 乳製品(牛乳、チーズ、バター、ヨーグルトなど)

⑥ スナック菓子

⑦ ファーストフード、コンビニ弁当

⑧ 酒、タバコ、コーヒー、炭酸飲料、清涼飲料水、ビタミンドリンクなど

⑨ 化学薬品(薬、農薬、化粧品、洗剤、金属、排気ガスなど)

⑩ 低気圧(梅雨、台風シーズン、季節の変わり目)


この表を見て、アレルギー疾患が先進国で多く、途上国で皆無であるという理由が判る気がしませんか?(⑩を除く) 日本も裕福となり、食の欧米化が急速に進んでしまいました。

子供達は朝からパンにバター、ジュース、学校から帰ってくると甘いお菓子、ポテトチップスにコーラ、夕食はコンビニ弁当で済ます家庭もあるとか。 また、ゲームに夢中になり外で遊ぶことも少なくなってしまいました。

これでは、いつアレルギー疾患になってもおかしくありません。何故なら、これらの “誘因” は全て副交感神経の興奮を助長させてしまうからです。これらの食品が少なかったり、全く食べない人はアレルギー症状が出にくいと考えて間違いありません。

甘い物については、『判っていても止められない』 という方(特に女性)が多く、いつも難儀するところです。しかし、妊娠前のお母さんの甘い物好きが、生まれてくる赤ちゃんのアレルギーの原因になるということを忘れないでほしいと思います。

それにしても、甘い物(砂糖)の摂り過ぎがどれほど身体に悪いかということを知らない方が多過ぎます。砂糖の問題は、アレルギー疾患だけでなく、内臓器の病気とも密接に関係しているので、次の機会にお話したいと思います。

とにかく、原因が判ったら、生活習慣を見直し、次は “誘因” を封印することで明るい希望が見えてきます。

▲ ページトップへ 透明10×10.png

悪いのは皮膚?

悪いのは皮膚?

s-shokaki2.jpg前回は、アレルギーを引き起こす“誘因” すなわち、副交感神経を高ぶらせてしまう事柄について記事にしました。この中で⑩の低気圧以外は全て、口から入る飲食物に関係しています。

飲食物が口から入ってくると、それらを消化、吸収するため、否が応でも内臓は働いてしまいます。そして、その内臓を働かせる神経が副交感神経なんです。

もう一度おさらいの意味で、副交感神経は、内臓を働かせる神経であると同時に、体から悪いものを排除、排泄する神経でもあります。

アレルギー体質の方は、人と同じものを食べても、副交感神経が働きやすい体質のため、通常は排泄されないものまで皮膚や腸を通して排泄されてしまうのです。

しかも、アレルギーの“誘因” を飲食しているため、胃や腸の環境が悪くなって、未消化タンパク質が体内に侵入してくると、ますます副交感神経を高ぶらせてしまうという “悪循環” に陥りやすくなります。

皮膚科に行くと、『とりあえず塗り薬(ステロイドなど)で様子を見て』 『スキンケアを欠かさないように』 などと説明されますが、そんなことをしていても症状は良くなる訳がありません。何故なら、アレルギーの現場は皮膚ではなく、胃腸にあるからです。

アトピーの患者さんの特徴は、胃、腸、肝臓の反応が著しく、触診では手指が吸い込まれていくような感覚になります。生活習慣について尋ねると、アレルギーの原因と誘因のオンパレードという方も少なくありません。成るべくして成っているという状態です。

現代医学では、現れた症状に対する対症療法が基本にあるので、胃腸に目を向ける余裕も考えも浮かばないのでしょう。アトピーが難治化する理由が判ってもらえましたか?

▲ ページトップへ 透明10×10.png

対症療法と原因療法

対症療法と原因療法

※ 対症療法 ⇒ 西洋医学の基本的な考え方で、表面的な症状の消失または、緩和を目的とした治療法を指します。これは事故や怪我など救命救急を必要とする場合はその力を発揮します。

※ 原因療法 ⇒ 原因を取り除くことにより症状を改善する治療法です。その症状や病気の根本的な原因を取り除くため、時間も労力も掛かりますが、病気の根源を断つことができます。

対症療法では、病気の原因を放置することになるので、補助的な治療法と言えます。根本的な原因が解決されないと、必然的に症状は繰り返すことになるため、完治を目指すのであれば、原因療法との併用が必要になります。

現在皮膚科で行われているのは、ステロイド外用薬などを用いた対症療法です。そして、発症の原因を、卵、大豆、小麦、牛乳、ダニ、ハウスダストなどのアレルゲンだと主張しているのです。

s-j0281287.jpg

しかし、何度も言っているように、これらは“誘因”であって“原因”ではありません。そんな些細なこと(ハウスダスト如き)でも反応してしまう自律神経、そして、そう成らざるを得ない胃腸の劣悪な環境 にこそ原因があるのです。

ここで注意しなければならないのは、今まで使っていたステロイド外用薬を急に止めてはいけないということです。長期間使用していた方が急に止めると、強烈なリバウンド症状で日常生活に支障が生じる方もおられます。

このリバウンド症状も、ステロイドに起因する自律神経のアンバランスによって起こる不快な症状の典型と言えるのです。

▲ ページトップへ 透明10×10.png

内か?外か?

内か?外か?

結核は結核菌、コレラはコレラ菌、インフルエンザはインフルエンザウィルスというように、病気や不快な症状には必ず原因があります。

しかし、副交感神経の異常興奮が引き起こすアレルギー症状に関しては、その原因は、自分の “外” ではなく、自分の “内” にあることを認識するべきだと考えます。

j0291852.jpg

原因が “内” (自分自身)にあるのに、“外” (医者・薬・アレルゲン) をいじったところで、解決にはつながりません。

時間は掛かるかもしれませんが、自分の内にある “真の原因” と、それを引き起こしてしまう “誘因” を排除することが、アレルギー疾患への対処法なのです。

高ぶった副交感神経を鎮めて、逆の交感神経を高ぶらせてやれば、アレルギーは消えていくのです。

▲ ページトップへ 透明10×10.png

我が家の場合

我が家の場合

我が家の長男も生まれたときは酷いアトピーでした。でも今思えば、成るべくして成っていたのです。それは、お母さんの体質や食習慣、それに生まれた後の食習慣に “原因” や “誘因” を見ることができるからです。

そんな長男も今年は6年生です。見た目にはほとんど判りませんが、たまに甘い物を食べ過ぎると肘や膝の裏をかきむしってしまいます。甘い物を食べると痒くなるということは、本人が一番よく判っているので、最近ではあまり厳しいことは言わないようにしています。

s-mac06_header.jpg

保育園入園の頃(3歳頃)は無茶苦茶な食生活をしていました。保育園から帰ると、毎日おばあちゃんの家で甘いお菓子やジュース、そのため夜ご飯をあまり食べません。それなのに、寝る前には口当たりのよいアロエヨーグルトを必ず食べていました。

休日にはマクドナルドのハンバーガー。ハッピーセットなんて毎回全種類のおもちゃを並べるほどを買っていました。今では信じられません。

もともと子供は副交感神経の方が優位になりやすく、アレルギー症状が出やすいものなのです。しかし、“誘因” である上記のような飲食物を食べ続けていればどうなるのか? 言わずもがなです。

最近では自分もアトピーだったお母さんが子供のアトピーに悩んでいるといったケースも少なくありません。(我が家もそうでした) 赤ちゃんのアトピーは、 100%お母さんが原因です!何故なら、妊娠中のお母さんの食習慣が赤ちゃんに影響するのは当たり前だからです。赤ちゃんの栄養の源であるオッパイもお母さんが食べる物を材料に作られていることを忘れてはいけません。

赤ちゃんは一生懸命オッパイを吸います。良い意味でも悪い意味でも濃縮されたオッパイを体外に出しているわけですから、一番得しているのはお母さんかもしれません。(2人目にアトピーが少ないのは1人目に悪い物を出し切ったから?)

赤ちゃんのアトピーは、赤ちゃんはもちろん、お母さんも一緒に治療していきます。理由は、原因がお母さんの持って生まれた体質や生活習慣、特に食習慣が影響している場合がほとんどだからです。

アレルギーの “誘因” を避け、成長の過程でだんだんと交感神経が高ぶることによって、自律神経のバランスがとれ、アレルギー症状は消えていきます。ここで、薬を使ってしまうと、自律神経のバランスが崩れ、『お手上げ状態(難治)』 になってしまうのです。

東洋医学の道に進み、鍼や食養生の考え方を学ぶうちに、食生活が人間の体にどれほど影響しているか、食の乱れが病を作っていることを知ることができました。東洋の食養生には、現代の栄養学では計ることのできない尺度があります。やれカロリーだ!やれビタミンだ!と騒いでいますが、そんなもの超越した哲学を、昔の人は皆知っていたのです。

▲ ページトップへ 透明10×10.png

気圧の影響(その①)

気圧の影響(その①)

アレルギー症状(アトピー、喘息、リウマチ、帯状疱疹など)は、自律神経の副交感神経が異常興奮した時の症状です。この副交感神経は、いろいろなものに影響されます。それを “誘因” という言葉で説明してきました。“誘因” は主に食べ物に関することが多いのですが、今日は 『気圧』 の影響についてお話します。

アレルギー症状と関係するのは “低気圧” です。低気圧とは、周囲よりも気圧の低いところを言います。"何hPa以下が低気圧" といった定義はありません。低気圧は中心部分の気圧が低く、周辺に行くに従い気圧が高くなっています。よって、低気圧の区域内では、気圧の高い周囲の空気が中心に向かって吹き込み、また中心に向かって吹き込んだ空気は収束して上昇気流となります。空気の上昇により、断熱冷却が起こり、上空に雲を生じ雨や雪を降らせます。このため、低気圧内ではふつう天気は悪くなります。

台風4号.jpg

気圧とは

『ええっー、気圧ごときで症状が変わるぅー』 と思っている方も多いと思います。しかし、気圧を侮ってはいけません。特にアトピーをはじめとするアレルギー症状の方は軽視しない下さい。

気圧は水圧と同様に、物を押しつぶすようにあらゆる方向から働きます。気圧が低いということは、押しつぶす力が小さく、空気の密度が小さい、すなわち『空気がうすい』ということになります。高い山に登ると少し動いただけでも、息が苦しくなったり、頭痛や吐き気で困った方も少なくないはずです。これらも低くなった気圧が影響しているのです。

『空気がうすい』 ということは、取り込まれる酸素量が少なくなるということですから、体は、なるべく酸素を使わないように、血圧を下げ、心拍数を抑えた 『低燃費モード』 に変わります。この 『低燃費モード』 こそが、副交感神経優位の状態なのです。

リウマチの方が雨の日が判るというのは、この低気圧が接近することによって、気圧がだんだんと下がってきますので、副交感神経が普段よりも余計に興奮して、痛みを感じやすくなっているからなのです。

一年を通して、梅雨時期、台風接近時は、気圧が下がります。また、季節の変わり目は、気圧の変動期にあたり、日によって気圧が上下しますので、症状も一進一退の場合が多いのです。

ここで間違ってはいけないのは、低気圧が問題なのではありません。気圧ごときで症状が出たり出なかったりする体(自律神経のアンバランス)が問題だということです。

▲ ページトップへ 透明10×10.png

気圧の影響(その②)

気圧の影響(その②)

下記のグラフは、兵庫県姫路市の2005年1月~2007年8月までの気圧変化を月毎に表したものです。 (気象庁データはこちら)

s-WS000085.jpg

このグラフからは以下のことが読み取れます。

  ◆ 冬は気圧が高い(赤〇印)

  ◆ 梅雨から夏にかけて気圧が低い(青〇印)

夏は太陽が照り付ける “高気圧” のイメージがあるのですが、意外にも気圧は低く、逆に寒い冬は気圧が高くなっています。この傾向はほぼ全国的に同じです。

ということは、副交感神経が高ぶったアレルギーは、梅雨から夏場にかけて症状が出やすいということになります。特に今年の7月は、過去2年をみても、最も気圧が低くかったため、患者さんにとっては辛い時期だったのではないでしょうか?

また、下記のグラフは、今年の7月から9月初旬の日毎の気圧変化を表したグラフです。

s-WS000083.jpg

台風4号が最も接近した7/14の気圧は、今年の最低気圧987hPa、台風5号が最も接近した8/3の気圧は、1002hPaでした。そして、先週末 9/6~7の気圧が995hPa。 ということで、先週末は台風並みに気圧が低くなったため、アレルギー症状がぶり返した方もおられると思います。

気圧は温度や湿度のように簡単に調整することができません。どうしようもないことです。しかし、自分の体質を理解し、日々の生活習慣を変えること(アレルギーの “誘因” となるものを出来るだけ避けること)によって、副交感神経の余分な興奮を抑え、症状を出にくくすることは可能なのです。

▲ ページトップへ 透明10×10.png
透明10×10.png

Column

透明10×10.png






あったか堂のご案内

あったか堂は姫路にある往診(出張)治療専門の鍼灸(整体)治療院です。



透明10×10.png



透明10×10.png


診察日のご案内

簡単カレンダー
透明Gif.png

簡単カレンダー
透明Gif.png

赤字:休診日透明Gif.png