鍼先の形状 of あったか堂鍼灸院 ~姫路・往診・筋膜性疼痛症候群(MPS) ・トリガーポイント・美容鍼・小児鍼・吸い玉・整体~

姫路市にある往診治療専門の鍼灸院 「あったか堂」へようこそ。 鍼灸は、痛、こり、内臓疾患、自律神経失調症、そして美容にも効果があります。

透明10×10.png透明10×10.png透明10×10.png透明10×10.png透明10×10.png

透明Gif.png
透明Gif.png
透明Gif.png

  • 鍼灸治療に使用される鍼先の形状は、刺鍼の方式または流派によって異なり、それぞれの特徴を持っています。
  • 現在日本では主に『松葉型』 が使用されています。この鍼は管鍼法(パイプ(鍼管)に鍼を通して先端の2~3mmを打ち込む方法)に用いられます。

透明10×10.png

  • 他に『柳葉型』というのがあり、これは鍼管を用いずに直接手に鍼を持って刺入する撚鍼法を行なう場合に用いられ、『松葉型』よりもやや鋭利になっています。一般に『中国鍼』と呼ばれるものです。

透明10×10.png

  • 形状としては『柳葉型』の方が痛みを感じにくいのですが、鍼管を使わず刺入する場合は、施術者の技量が必要になります。また、感じにくいということであって感じないというわけではありません。
  • 他にも下記のような種類がありますが、量産では製造されておりません。

透明10×10.png透明10×10.png

透明10×10.png

  • ここで、それぞれの鍼先の特徴をまとめてみました。
形状 刺入の難易 無痛刺入 変形し難さ 備考
すりおろし型 × × 打鍼法
のげ型 ×
卵型 × ×  
松葉型 管鍼法(あったか堂)
柳葉型 ◯~◎ 撚鍼法 (中国鍼)

透明10×10.png

  • 日本の多くの治療院が、治療鍼として理想的な特徴を持っている『松葉型』のディスポーザブル鍼(使い捨ての鍼)を採用しており、当院もその例に漏れません。
  • ただ、美容鍼は顔面に刺入するので、より痛みを少なくすることはもちろんのこと刺入する際の皮膚表面への負担も軽減しなくてはなりません。
  • 刺入時の痛みの軽減には、細い鍼を選択すれば良いのですが、経験上、より太い鍼を使用した方が効果があるのも確かです。
  • 当院では、患者さんの体質や肌の状態を考慮し、適切な太さの鍼を選択し施術しています。
  • 通常、鍼の刺入は、パイプ(鍼管)に鍼を入れ、『トントントン』と鍼のお尻を叩いて刺入するのが一般的です。肩や腰、手足に刺入する時はこれで十分なんですが、顔面に刺入する美容鍼は長さが短く、お悩みによっては、多数の鍼を刺入するため、パイプ(鍼管)を固定する施術者の指の圧力が患者さんにとって不快になる場合があります。
  • 当院では、この問題に対応するため、一般のパイプ(鍼管)は使用せず、特殊な代替品を駆使して刺入していきます。

透明10×10.png

透明Gif.png

▲ ページトップへ 透明10×10.png
透明10×10.png

Topix

透明10×10.png








あったか堂のご案内

あったか堂は姫路にある往診(出張)治療専門の鍼灸(整体)治療院です。



透明10×10.png



透明10×10.png


診察日のご案内

簡単カレンダー
透明Gif.png

簡単カレンダー
透明Gif.png

赤字:休診日透明Gif.png